「ありきたりな言葉で」(まねきケチャ)を聞いてみた感想

まねきケチャの「ありきたりな言葉で」という曲名を見た瞬間、

恋する可愛い気持ちを表していそうな歌だなと感じました。

好き、愛してるなどありきたりだけど1番気持ちが伝わる言葉で愛情表現して欲しいという女の子の可愛らしい気持ちが表されていて凄くいい曲だと思いました。

恋人同士でも、夫婦でも恥ずかしがって愛してるや好きという言葉を言えないという方は多いと思います。

そんな人たちの背中をシンプルに押すという愛に優しい曲だと感じました。

恋人や夫婦ならいつまでも一緒にいたいと思うのが普通です。ですが愛してると相手に伝わらなければ長くは続きません。

だから愛を伝えることの大切さを教えてくれる大切な音楽だと思いました。

「キミのいない世界に怯えて」「キミのいない世界に憂いて」「キミがすべてさ」という歌詞は誰もが共感できると思います。

恋愛をしていると失った時の辛さを考えてしまうものです。

相手を失った時自分はどうなるのか、絶対に失いたくないと強く願ってしまうというのは誰もが考えたことがあって、不安になります。

相手がそばに居てくれているという実感や、失いたくないという大切な気持ちを改めて教えてくれるような素敵な恋の音楽だと思いました。

恋をしている時に聴きたいのが「ありきたりな言葉で」です。

「ありきたりな言葉で」を聞いてみた感想はコチラ

 

「ありきたりな言葉で」(まねきケチャ)収録曲

この音楽は、これからももっと人気を集めそうなまねきケチャのシングルに収録されています。

1「どうでもいいや」

2「ありきたりな言葉で」

まねきケチャのシングルCD「どうでもいいや 」は、アマゾンヤフーショッピングにて販売中です。